-

日本語で話しているときと、英語で話しているとき。ライザップ 天王寺

なんとなく自分の性格が変わっているんじゃないか!?と思うことがあります。包茎

もちろん、自分が流暢に話せる日本語と、 まだまだ拙い英語で話しているのではコミュニケーションの幅が全然違うので 比較対象にならないのかもしれませんが…。ライザップ 千葉

言葉を選ぶときや、意見を伝えるとき、 日本語のときは、語尾を濁したり、少し曖昧にしたりしますが、 (「●●にしようかな?●●でいいかな〜」など) 英語のときは、曖昧に言うとややこしくなるので、 「●●にする。ライザップ 千葉

●●で。ライザップ 池袋

」と、はっきり端的に伝えるようになります。松山出張オイルマッサージ

意識的に、というよりは自然とそうなっています。

英語が堪能な友人も、 「英語のときのほうが、素直になれるの」と、言って 外国人の彼氏を作っていました。

(笑) 日本語は行間を読み合う文化をもっている言葉ですが、 英語は基本的に無駄のない、余分がないスマートさがある言葉です。

どちらの良さも知って、新しい自分と出会うのも、 語学を学ぶ楽しみのひとつですね。

Category

リンク