-

この度は為替相場のベーシックな要因についてのお話です。

為替の市場を簡潔に言うと「自分が持ち金の送付をしなくても資金授受の目標を実現すること」になります。

よく為替市場というとたいてい外国の為替について表すという事が多いのです。

外国の為替というものは国と国の金の交換のことを言います。

外国旅行(中国、ベトナム、アメリカ合衆国)をしていれば、たぶん国際為替の体験をしたことがあります。

銀行の窓口で旅行先の国のお金へと両替をすればそれこそが為替という事になります。

為替のレートとは何かと言うと買う人と売る側の価格の相場を表したものです。

銀行と銀行の取引によって決まってくるものです。

その銀行がマーケットメイカーと言われる世界中のたくさんの銀行であります。

為替のレートは周りからの働きを受けて休む暇なく時間とともに変化して行きます。

為替相場を変化させるきっかけになるのはファンダメンタルズというものが考えられます。

ファンダメンタルズの意味は経済動向、経済の基盤や様々な要因のことを指すものです。

その国における経済成長率や景気状況、国際収支統計、失業率、重要人物の言葉などいくつかの原因が絡んで為替は変わって行きます。

その中でも外国取引の収支や無就業者数は影響が大きいと思われます。

貿易収支というものは日本の組織でいう財務省よりの指図で日本銀行が外国貿易統計を利用して集計した外国とのある日数の売買を記載したものです。

統計は行政機関や日銀のホームページ等で開くことができます。

就労者の統計・失業者数もチェックされるケースが多い要因と言われます。

特に米国の雇用者の統計は重要となります。

月に一回公開され調査の目当てが広範囲なのが特色です。

為替の状況は経済の動きを示しています。

景気の動きを理解することによって為替レートの推移推測ができると言えるでしょう。

Category

リンク